SEO - SEO対策

前庭神経炎 : 耳の病気リスト

ここでは前庭神経炎について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

前庭神経炎 起き上がれないほどの激しいめまい

内耳から脳に平衡感覚を伝える前庭神経に、なんらかの原因で炎症が起こり、平衡感覚の伝達に異常が生じて突然激しい回転性のめまいが表れる病気です。

周囲がぐるぐる回る回転性の強いめまいが突然起こり、2〜3日続きます。この間は立ったり歩いたりすることもできません。また、めまいと共に吐き気や嘔吐を伴う場合があります。ただし、音を伝える蝸牛神経の働きは保たれているために、耳鳴りや難聴は起こりません。この点がメニエール病と異なる特徴です。

前庭神経炎のめまいは大変激しく、また発作が何日も続くため「生命に関わるような重い病気ではないか」と心配される場合もありますが、必ず治りますので心配は要りません。
ただ、めまいは数日中に治まるものの、その後もフラフラした感じやフワフワした感じが残り、こうした症状が完全に治まるには1か月〜数か月かかることもあります。

患者は30〜50歳代に多く、最近では高齢者にもよくみられるようになりました。

前庭神経に炎症がおこる原因はよくわかっていません。
風邪をひいたあとに発症しやすいことから、一般的には風邪のウイルスに感染して発症するのではないかと考えられています。しかし、血液の循環障害が原因とする説もあります。

めまいが起こっている間はできるだけ安静にしてください。治療は薬による対症療法が中心に行われます。抗めまい薬をはじめ、前庭神経の機能を向上させるための末梢血管拡張薬、血流改善薬、ビタミン剤などが用いられ、場合によっては強い抗炎症作用のあるステロイド薬が使われることもあります。

前庭神経炎の特徴
  • 突然激しい回転性のめまいが起こり、数日間続く
  • 吐き気や嘔吐をともなうが、耳鳴りや難聴は起こらない
  • めまい発作は一度きりで、繰り返さないことがほとんど
  • 風邪をひいた後に起こることが多い
  • 強いめまいが治まった後も、1〜数ヵ月はフラフラ感が残ることもある

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ