SEO - SEO対策

突発性難聴 : 耳の病気リスト

ここでは突発性難聴について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

突発性難聴 突然起こる原因不明の難聴

なんの前ぶれもなく、あるとき突然耳が聞こえにくくなる病気です。
症状の現れ方は患者によってまちまちで、難聴の程度も全く聞こえない状態から軽い難聴まで幅があります。
難聴だけでなく耳鳴りを伴うこともあり、回転性のめまいが生じる場合もあります。
共通しているのは、ほとんどの場合は片側の耳に起こるという点と、発作は一度きりで繰り返し起こらないという点、そして、耳以外の神経症状がないという点です。

患者は30〜60歳代の人に多く、ストレスや疲労が重なった時や体調を崩した時に発症しやすいといわれています。

現時点では突発性難聴の原因はよく分かっていません。聴神経にウイルスが感染して起こるのではないかという説や内耳に血液を送る動脈で起きた血流障害が関与しているという説などありますが、決定的な原因の解明には至っていません。

突発性難聴は、発症後に適切な治療を受ければ聴力が戻ることがあります。治療は早く始めるほど良いので、発症に気がついたらすぐに受診するようにしましょう。
治療は薬物療法を行います。まず血管のむくみをとり、内耳の血流を改善する効果のあるステロイド薬を短期間に集中的に投与します。さらに末梢血管拡張薬、血流改善薬、神経代謝賦活薬、ビタミン剤などを組み合わせて用います。

難聴の程度によって異なりますが、突発性難聴の患者のうち約1/3の患者は治療によって完治します。そして1/3はある程度の回復、そして1/3は聴力の回復が困難になります。
回復しにくいケースとしては

  • 発症後2週間以上経過してから受診した
  • 発症時に聴力レベルが著しく低い高度難聴を発症した
  • 回転性めまいを伴った
  • 高齢者である
  • 糖尿病をもっている
  • 人工透析を受けている
などがあげられます。

特に、時間の経過によって症状が改善されるかどうかがおおきく異なりますので、早めの治療が肝心です。

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ