SEO - SEO対策

滲出性中耳炎 : 耳の病気リスト

ここでは滲出性中耳炎について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

滲出性中耳炎 痛みはないが耳に違和感

子供と高齢者に多く見られる滲出性中耳炎は難聴や耳鳴りの原因になります。痛みがないからと放置しておかず、しっかり治す必要があります。

中耳の粘膜からは絶えず滲出液が分泌されており、喉や鼻の奥と中耳をつないでいる耳管が時々開くことによってこの滲出液が耳管を通って喉のほうに排出されています。
しかしなんらかの原因で耳管が狭まったままで開かなくなると、中耳内の滲出液が排出されなくなり、中耳腔に滲出がたまった状態となって鼓膜の振動が鈍くなります。その結果難聴や耳閉塞感、耳鳴りが生じたり自分の声が耳に響いて聞こえるような違和感を覚えるようになります。これが滲出性中耳炎の症状です。

滲出性中耳炎の場合炎症そのものは軽いため痛みがありません。しかし放置すると、慢性化膿性中耳炎や真珠腫性中耳炎、内耳炎に移行することもあります。

滲出性中耳炎は、もともと子供に多く見られる病気ですが、最近はアレルギー疾患のある人や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)のある大人でもよくみられるようになってきています。
耳管機能が低下する高齢者にも多く、難聴の症状を老人性難聴と思い込んで過ごすケースもあるため、耳鼻咽喉科できちんと診察を受ける必要があります。滲出性中耳炎は治療によって滲出液が排出されれば症状は回復します。

以下の様な症状が現れている場合は、滲出性中耳炎を疑う必要があるかもしれません。

  • 大きな声でしゃべる
  • テレビの音量が大きい
  • 近くでテレビを見る
  • 問いかけても反応が悪い
  • 友達と会話をしなくなった

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ