SEO - SEO対策

内耳炎 : 耳の病気リスト

ここでは内耳炎について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

内耳炎 炎症が治っても難聴が残ることがある

慢性中耳炎の炎症が中耳と内耳を隔てている内耳窓を通して内耳に広がっておこる病気を内耳炎と言います。

慢性中耳炎の炎症が内耳に少しづつ及んでいく段階で内耳に障害が起こり始め、最初は軽いめまいや難聴、耳鳴りが生じることがありますが、これが内耳炎のはじまりです。
内耳炎に進行すると、聴力が大幅に低下し、回転性のめまいも現れてきます。めまいには慣れてくるので次第に症状は治まってきますが、炎症によって一度障害された蝸牛の感覚細胞は修復できないため、高度に進行した難聴の回復は困難です。

内耳炎の多くは、中耳炎から移行して発症するものですが、他にもウイルス性内耳炎、髄膜炎性内耳炎があります。
ウイルス性内耳炎の場合には、内耳炎を起こす前におたふく風邪やインフルエンザ、はしかなどの発症が見られます。これらの病気にかかったあとに片側の耳に高度難聴が現れたときはウイルス性内耳炎が疑われます。
髄膜炎を引き起こす細菌やウイルスが血液に乗り、内耳に感染したものを髄膜炎性内耳炎と呼んでいます。この場合も、まず髄膜炎を発症します。髄膜炎と診断されたあとにめまいや難聴などの症状が現れたときは髄膜炎性内耳炎が疑われます。
しかしほとんどの細菌性髄膜炎は抗生物質を投与すれば治癒するので、内耳への感染もあまり心配はありません。

内耳炎の治療については、原因が細菌の場合は抗生物質による治療を優先して行います。これと並行してめまい、難聴、耳鳴りの症状への対症療法として抗めまい薬や末梢血管拡張薬、血流改善薬、ビタミン剤などを組み合わせて投与します。
めまいが激しいときは、メイロンやホリゾンを点滴で投与します。

以下の様な病気を経験されたかたは、内耳炎を起こす可能性があります。

  • ウイルス性の病気
  • 髄膜炎
  • 中耳炎
放置しておくと高度難聴が起こることもあります。

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ