SEO - SEO対策

聴神経腫瘍 : 耳の病気リスト

ここでは聴神経腫瘍について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

聴神経腫瘍 徐々に進む難聴・耳鳴り

片側の耳だけに起こる耳鳴りや難聴は、聴神経、中でも前庭神経にできる腫瘍が原因となっていることがあります。この場合、手術で腫瘍を摘出するのが最善策です。

聴覚を伝える蝸牛神経と平衡感覚を伝える前庭神経を合わせて聴神経(第8脳神経)といい、ここに発生した腫瘍を聴神経腫瘍といいます。

聴神経腫瘍の多くは、片側の耳の、平衡感覚を伝える前庭神経にできます。小さいうちは腫瘍が内耳道にとどまっているので、主な症状は片耳の耳鳴りや難聴です。大きくなると、前庭神経だけでなく、音の情報を伝える蝸牛神経や顔面神経、さらには小脳を圧迫することさえあります。
そのため、めまいや耳鳴り、難聴、ときに顔面神経マヒや運動障害が起こることもあります。

聴神経腫瘍は脳腫瘍の一種ですが、転移の心配はない良性の腫瘍です。しかし、放置しておくと圧迫による弊害もひどくなり、聴力を失うおそれもあります。
腫瘍が大きくなると、それだけ摘出手術も難しくなります。早めに摘出したほうがよいでしょう。
小さい腫瘍であれば、耳鼻咽喉科で手術可能です。

以下の様な症状が現れている場合は、脳神経外科や神経内科で検査を受けたほうが安心です。

  • 手足がしびれて、ボタンをはめたり新聞をめくったりすることが難しくなる
  • バランスを崩し、家の中でテーブルやたんすなどにぶつかりやすくなる
  • 言葉の発音がややはっきりしなくなる
  • 額などの皺が、片方だけなくなる
  • 片目を閉じにくくなる
  • なんとなく無表情になる
  • 口がきちんと閉じられず、口笛が吹けなくなる

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ