SEO - SEO対策

遅発性内リンパ水腫 : 耳の病気リスト

ここでは遅発性内リンパ水腫について解説しています。あわてる前に参照してください


スポンサードリンク

遅発性内リンパ水腫 耳異常の数十年後に起こるめまい

幼児期のおたふく風邪や髄膜炎などによる高度難聴の後遺症として内リンパ水腫が起きることがあります。長い年月の後に回転性のめまいも生じてきます。

同じく内リンパ水腫によって症状が現れるメニエール病と似ていますが、異なるのはめまいが起こるずっと以前に片側の耳が高度の難聴になっているか全く聞こえない状態である、という点です。

症状はメニエール病と似た、反復するめまい発作です。発作時には吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。

めまいや嘔吐の症状は薬による治療でいったん抑えることはできますが、ストレスや疲労が重なるとめまい発作が再び起こり、繰り返し発症します。この点もメニエール病とよく似ています。

もともと異常のある耳の反対側に内リンパ水腫が起こる「対側型遅発性内リンパ水腫」の場合にはめまいに加え、難聴のない側の耳に新たな難聴や耳鳴り耳閉塞感が生じます。

遅発性内リンパ水腫の診断には聴力検査や眼振検査、聴神経腫瘍と鑑別するための画像診断を行うのが一般的です。

治療はメニエール病に準じた薬物療法を中心に行います。内リンパ水腫を改善させるための利尿薬、内耳機能を向上させるための末梢神経拡張薬、血流改善薬、神経代謝賦活薬、ビタミン剤などを組み合わせて投与します。

内リンパ水腫が疑われたらすぐに受診を!
  • 以前からある難聴の症状+めまいや嘔吐の症状
  • メニエール病と似た症状
  • 異常のない耳も聞こえが悪くなる可能性がある

プライバシーポリシー - リンク集 - サイトマップ